一人の女の子として接する

女の子を落とすためには、あまり「キャバクラ嬢」であることを意識しないことです。
キャバクラで働いている女の子は、キャストである前に一人の女の子です。
口説こうと思ったら、「キャバクラ嬢を口説く」ではなく「女の子を口説く」ものだと覚えておかなければなりません。

また、女の子は仕事中であることを忘れてはいけません。
キャバクラの仕事は男性を楽しい気持ちにさせることなので、仕事中には客が不愉快になるようなことは言いません。

結果、客側は「自分に気があるのではないか」「誘えば乗ってくれるのではないか」と錯覚してしまう傾向にあります。
しかし、言葉とは裏腹に、内心では接客することに疲れているケースも珍しくありません。
まずはその点を理解してあげることが大切です。

キャバ嬢も一人の女の子だからこその配慮を

相手への配慮が大事

仕事に疲れていると、遊びたい気持ちよりも休みたい気持ちの方が強まってしまうのは女の子も同じです。
また、実際に付き合う段階ではなく、口説いている段階であれば相手への配慮は徹底しましょう。

マナーを守るのはもちろんですが、相手の仕事に支障をきたさないように気を付けるようにして下さい。
自分自身の「この女の子と遊びたい」という気持ちを優先するのではなく、相手への配慮が求められます。