女の子にとって都合の良い客にならないよう

お金を使えば女の子の給料が増えるキャバクラのシステムでは、使えば喜ばれる一方で、あまりにも使いすぎると女の子側は、次第に「金払いの良い客」としか思わなくなります。人間性よりも、「お金を持っている」「沢山お金を使ってくれる客」といった印象が強まってしまいます。
そういった認識をされてしまうと、何をするにも「ビジネスモード」になってしまいます。

例えば遊びに誘ったとしても、「遊んでみたいな」という気持ちよりも「断ったら太客を失うかも」「断って他の女の子に鞍替えされたら困る」など、どうしてもビジネス的なことばかり考えてしまうようになってしまいます。

お金の面をキャバクラでアピールしたい気持ちもよく分かりますが、何事も行き過ぎるとマイナスになってしまうこともあるのです。
そこはバランス感覚が少々難しい部分ではあるかもしれません。

上客や太客になると女の子を口説けなくなる可能性が

お金を使い過ぎると口説くのが困難になることも

男性客にとってお金は、キャバクラ嬢の興味を集めるための武器になるのは間違いありません。
しかし、あまりにも使いすぎると、少々語弊があるかもしれませんが「金蔓」のように思われてしまいます。

そのため、口説いている段階では一気にお金を使いすぎるのではなく、女の子の様子を見ながらお金を使っていきましょう。
一気にお金を使いすぎると、女の子は人間性よりもお金にしか目がいかなくなってしまいます。

そうなってしまうと一人の男性としてみてもらえなくなり、女の子を口説くことは厳しいものとなってしまいます。